2018/08/07

月島の今までの再開発

月島三丁目においては、『街並み誘導型地区計画』の平成9年の導入を契機として、個別建て替えされてきた住民が多数おられます。

導入から20年、その成果が今出てきたからこそ、災害時の「総合危険度」が、平成25年9月に「4」であったものが本年2月に「2」と安全側にシフトしています。

そのような中、「月島三丁目南地区再開発」と「月島三丁目北地区再開発」という同じ月島三丁目の町内にほぼ近接して超高層再開発が、それもほぼ同時期に行われる計画が、突如として浮上しました。

「月島三丁目南地区再開発」は、施行区域面積1.0ha、地下1階・地上50階・高さ190m・住宅750戸・2024年竣工、「月島三丁目北地区再開発」は、1.5ha、三街区のうちA街区が地上59階・高さ199m・住宅1120戸・竣工2025年であり、南地区の約1.5倍の規模です。

「月島三丁目北地区再開発」では、区道廃道をし路地に交通問題を引き起こすと共に、両者の複合日影や風害を広汎に周辺地域に来してしまうことが考えられます。

これら2つの再開発を含め、現在、月島・晴海の近隣地区に13の再開発計画が進行中です。

隣の町である月島一丁目には、建設中の「月島一丁目西仲通り地区(0.7ha、地上36階・高さ125m・住宅503戸・竣工2021年)」、その斜め隣に平成27年竣工された「月島一丁目3・4・5番地区(1.0ha、二街区のうちI街区53階高さ181m・住宅705戸)」があります。

近隣では、「勝どき東地区(3.7ha、住宅3120戸・竣工2026年)」、「豊海地区(2.0ha、住宅2150戸・竣工2025年)」、さらに、晴海選手村跡地「晴海五丁目西地区」5,632戸の住宅転用の時期と本事業の竣工が重なっています。

月島三丁目南地区及び北地区の両事業の竣工後約10年の2033年〜38年をピークに中央区の人口も減少に転じますが、将来にまで、居住者で果たして埋まり採算性が取られていくのか超高層のまちづくりの持続可能性に疑問です。
2018/08/07

月島の町の魅力

月島の魅力 月島は、今ではもんじゃ焼きで有名ですが、実は大正・昭和の文化が残されたまちでもあります。路地の中に新しい店、国際色豊かな店も増えてきており、路地も変わりつつあります。

月島の町割り

月島は、明治25年に埋め立てられ、その街割りは江戸期に見られた「一町街区」(約120m四方)を基本単位として街割りされました。



図のように、月島の町は碁盤の目のようになっています。縦の六間道路と横の道路で囲まれた長方形の区画を、十間(18m)間隔で幅員一間(1.81m)の路地が通り抜けていて、一本の路地には20軒程度の長屋が建ち並んでいます。これがいわゆる路地と長屋です。

月島の町は、第一次大戦後の日本の工業発展を背景に、佃の石川島造船所や月島にあった数々の鉄工所、その下請工場の町工場などが数多く設立され、そこで働く労働者のために多くの長屋が作られ、商店街がにぎわいようになり、工場の町として発展してきました。
http://www3.koutaro.name/machi/tsukishima.htm (月島の町割り考古学より)

月島では、関東大震災により多くの家が焼けてしまいましたが、東京大空襲では焼けなかったことから、東京下町ではめずらしく戦前の家が残っている地域でもあります。マンション建設や再開発により、残っている古い家の数は少なくなりましたが、それでも所々に昔ながらの家を見つけることができます。



玄関先の緑

路地に並ぶ長屋には、路地コミュニティのにおいを感じます。路地は生活の場所としての空間であり、朝は家の前の掃除をしながら近所の人と挨拶をかわし、植木に水をやりながら情報交換をする場所、急な夕立の時にはご近所さんが洗濯物を入れるようにと声をかけてくれたり、またある時には植木を株分けしてもらったり、種をあげたり、そんな近隣とのつながりがある場所です。



家々の玄関先には、住民が丹精込めて育てた草花が並びます。路地だけでなく道路沿いの緑にも、それぞれの家の個性が感じられます。街路樹のわきの見事なアジサイ、玄関先のカラフルで様々な種類の花。「こんなところに可愛い花が!」と発見して、楽しくなることもあります。狭いながらも個性的な緑の町並みが、月島らしい風景だと思います。

路地の店

40年位前までは、路地に「おばあちゃんの10円もんじゃ屋」が何件かありました。路地に住むおばあさんがお小遣い稼ぎに玄関脇の三畳間に鉄板を置いて、子ども相手に10円もんじゃや駄菓子などを売っていました。今でも路地にもんじゃ屋が多いのは、その名残かもしれません。路地には、歯医者、パーマ屋、煮込み屋、花屋など、いろいろな店がありました。
最近では、昔ながらの長屋を利用したカフェや、空き家をリフォームした新しいお店が増えています。路地裏の隠れ家の雰囲気を売りにしているお店も人気があるようです。



月島の祭り

月島には、3年に1度、佃の住吉神社の本祭りがあります。祭りの時に、神輿を担いで町内を練り歩くのは、自分たちの町が地震や洪水、津波、火災から守られたことを土地の神様に感謝する気持ちの表れであると言われています。
祭りは、住民とその土地との精神的な結び付きを表すものであると思います。 西仲通商店街は、この祭りのメインイベントの場所です。商店街の端から端に、町内神輿が「勢揃い」します。その後、それぞれの町会の氏子が神輿を勢いよく揺らしながら担いで、競い合い入り乱れて商店街を練り歩きます。その姿は圧巻です。
2018年8月3日(金)~ 6(月)に、住吉神社の祭りがありました。次回は、2021年8月の予定です。


2018/08/07

愛する月島を守る会とは

平成29年4月27日に「月島三丁目南地区市街地再開発準備組合」主催による住民説明会によって「月島三丁目南地区再開発」について始めて具体的なまちづくりの動きを知った住民が、自分たちの住み・働く月島の街がどうあってほしいか、情報交換をする中で、平成29年6月に会として発足致しました。

同年11月には「月島三丁目地区再開発準備組合」主催による住民説明会によって「月島三丁目北地区再開発」が同じ町内における超高層再開発がもうひとつ明らかになりました。

これら二つの再開発に特に問題意識を持ち、再開発区域に含まれる地権者・借家人、周辺住民らが、ほぼ毎週月曜に勉強会を持ち意見交換をしています。

一級建築士、環境やまちづくりの専門家、弁護士らも参加ご協力をいただき月島のまちづくりのあり方を議論しています。
月島の路地文化を生かしたまちづくりを検討・提案し、実現を目指しています。

設立:平成29年6月

事務所:東京都中央区月島3丁目30番4号

共同代表:石川福治さん、大山隆三さん

運営費:寄付

活動内容:
定期的な勉強会(基本的に毎週月曜日)

主な活動経過:
下町の路地長屋の残る月島に突如降ってわいた超高層巨大マンション計画を知って以後、地権者・借家人・地域住民が、本会を有志の会として立ち上げ、定期的な勉強会を行って参りました。本年(平成30年)7月末までに45回の勉強会が開催されてきました。FB等で情報発信が行われています。
月島三丁目南地区再開発に対しては、平成29年9月に不採択となったものの本事業の中止を求める請願が160名の賛同人を得て中央区議会に提出し、また、監査を経て棄却されましたが、予算執行を差し止める住民監査請求が82名の請求人から区へ提出しました。現在住民訴訟へ移行し、東京地方裁判所において、訴訟が係属中ですが、平成29年度中の予算執行は実際になされず目的が達成されたため取り下げの方針です。
現在、月島三丁目南地区再開発及び月島三丁目北地区再開発を合わせた月島三丁目の超高層再開発問題を月島全体に視野を広げるとともに、戦略的環境アセスメントの専門家や一級建築士のかたの参加を得て、超高層の複合開発に伴う従前従後の地権者や周辺住民への影響を中央区等がきちんと説明責任を果たすことを求めています。また、少額の資金での共同建て替えの代替案を実際に住民に提示し、さらに再生資金獲得のファンド構築の手法を検討しています。

監査請求提出時記者会見映像 説明